レーザーカッターde銀粘土

/ 2013.09.25 posted

レーザーカッターde銀粘土 [Curator]
小杉博俊

[Material]
銀粘土(アートクレイシルバー)ペーストタイプ

[協力]
相田化学工業株式会社
co-factory
境界剪画Sab 杵淵三朗

緻密なシルバーアクセサリーを、
何度でも正確に形にできる。

純銀の微粉末と水、結合材を混ぜ合わせた、粘土状の素材「銀粘土」。やわらかな粘土を自由に造形して乾燥させた後、電気炉で焼くと結合材が燃えてなくなり、純度99.9% 以上のシルバーアクセサリーができあがります。かつて銀細工の制作には特殊な道具や技術が必要でしたが、「銀粘土」の登場により誰もが手軽に楽しめるものになりました。

マテリアルガーデンでは、独自の発想で「銀粘土」を活用し、緻密なシルバーアクセサリーを制作する手法を提案。デザインデータに従ってスポンジシート(含浸性の高い種類のもの)をレーザーカッターで切り抜き、それに市販の「ペーストタイプの銀粘土」を含ませて、電気炉で焼き上げるというプロセスです。スポンジは結合体とともに燃えてなくなり、高純度のシルバーアクセサリーが仕上がります。一つのデザインを何度でも形にできるのがメリットです。

そのほか、「銀粘土」の特長として、
—「ペーストタイプの銀粘土」とは、銀粘土に水分を含ませてやわらかくしたもの。本来、乾いた銀粘土の接着、銀粘土に模様を描いたり、ひび割れの修正などに使用します。
—銀粘土ブランド「アートクレイシルバー」は、使用済み写真フィルムなどに含む銀を回収し再利用。「銀粘土」でシルバーアクセサリーを制作することで、資源のリサイクルが行えます。

*マテリアルガーデンでは、含浸性が高い新しい銀粘土シートの開発にも着手しています。

《公開日:2013年9月25日》

◀現在展示中の作品一覧へ戻る