ブライダルギフト ヤサシイキモチ

/ 2014.04.25 posted

ウェルフェアトレード®
(社会福祉取引)の引出物

就労支援施設と呼ばれる障がいのある方々が通う施設や福祉作業所は全国に7000カ所以上もあり、民間企業ではできない、素材を大切にした手仕事ができる工房でもあります。しかし、一般にはあまり知られておらず、安価な下請け作業などが中心で、一ヶ月働いても平均工賃(給料)はわずか1万円程度です。
そこで、「はねだし」「規格外」「B品」などと呼ばれる市場には出ず破棄されてしまう素材を使って、ひとつひとつを作業所の手仕事で仕上げた、ストーリーのある引出物ギフトをつくりました。
果物のはねだしを煮詰めたコンフィチュール、間伐材を使ったカトラリーケース、家具職人の端材を使って手作業で磨き上げるスプーン、結婚式場のキャンドルを再利用して溶かし、指で整形したミニキューブキャンドル、また、大阪の注染職人が染めた手ぬぐいの規格外品を福祉作業所で縫製し、新郎新婦が職人継承の寄付としてお返しをするなど、かかわる全ての人たちが支援に参加できる企画を取り入れたものづくりを提案しています。
「Welfare=社会福祉」と「Fair Trade=公正な取引 」をかけ合わせた「ウェルフェアトレード®」とは、社会的に弱い立場の人たちがつくる国内の製品やサービスを、適正な価格で購入・利用することで、働く人たちが喜びと生きがいを持って自立できるよう支援する仕組みです。引出物やギフトを通してウェルフェアトレードが広まることで、思いやりのある世の中づくりを目指しています。

*マテリアルガーデンでは、各地域の作業所の”新”産品づくりの相談を受け付けています。

小杉博俊(Material Gardenキュレーター)

《公開日:2014年4月25日》

◀現在展示中の作品一覧へ戻る