Report|紙のエレクトロニクス応用研究会発足会

PROJECT NEWS / Material Garden / 2014.07.25 posted

サイエンスとクリエイティブとテクノロジーのコラボレーションによる紙のエレクトロニクス応用研究を通じ関連業界にイノベーションの波を起こそうとする研究会、”紙のエレクトロニクス応用研究会”がco-lab西麻布を拠点に発足しました。

大学等の研究機関における最先端の紙のエレクトロニクスサイエンス研究を基に、参加するクリエイターや企業が、紙のエレクトロニクス応用展開を積極的に行い、製品やサービス、ソリューションなどを開発・提供し、関連業界にイノベーションの波を起こすことを目的としたこの研究会。さまざまな分野の最先端の研究者、企業、新しい価値を求めるクリエイターやアーティストらが参加しています。

7月24日に開催された発足会では、発起人代表で筑波大学教授の江前敏晴氏の挨拶に始まり、印刷関係の戦略立案・実践を専門とするコンサルティングを行っているブライター・レイターの山下潤一郎氏が事務局長として、研究会のミッションや特徴、活動構想を共有しました。
会の後半では、新技術のデモンストレーションも行われ、活用方法のアイデアが飛び交う光景も見られました。

本研究会は、ミッション実現のため、NPO法人化も目指しています。

「素材+活用」の新たな視点に出会える場として設置されているマテリアル・ガーデンとの絡みも期待できそうです。

今後の展開をまたご報告したいと思います。

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]