開催情報|KREI/co-lab西麻布5th Anniversary Party & New concept release

EVENT / 2015.04.30 posted

WorkshopKitchen

クリエイティブ・スタジオという実験場から
ワークショップのメソッドやアプリケーションがあるキッチンという場へ

創造と実験のためのクリエイティブ・スタジオとして2010年に西麻布にオープンしたKREIは、おかげさまで5周年を迎えることとなりました。
コクヨグループのクリエイティブセンターとインディペンデントクリエイターの集合体co-lab(コーラボ)のシェアオフィス、創造性を触発するイベントスペース”KREI SALON”で構成されたコラボレーションスペースであるKREIは、「OPEN SOURCE STUDIO」の名の下、これまで知の交流やプロジェクトの共同推進など、オープンソース形式でさまざまな実験やイベントを実施してきました。

この5年でクリエイティブな働き方や、共創をコンセプトにしたワークスペースが続々と増えており、さらに5年先となる2020年には都市のあり方、働き方や暮らしの価値観も変わっていくことを見据え、このたびKREIは新しいコンセプト「WORKSHOP KITCHEN」を掲げることにいたしました。
オープンソース・スタジオという実験場からワークショップのメソッドやアプリケーションがあるキッチンという場へのリニューアルを機に、海外から来るクリエイティブな人たちのサロンとしても、場の価値を高めていきたいと考えています。

記念イベントを通して、皆様と共にKREIの未来を構想していきたいと思いますので、この機会に是非ご来場ください。

======================================
 KREI/co-lab西麻布5th Anniversary Party
 & New concept release

======================================

日 時 :2015年5月22日(金)18:00 OPEN/22:00 CLOSE
場 所 :KREI / co-lab西麻布(東京都港区西麻布2-24-2)

タイムテーブル:
     18:00  開場
     18:30  主催者挨拶
           コクヨファニチャー株式会社ものづくり革新センター長:木下洋二郎
           春蒔プロジェクト株式会社代表/co-lab企画運営:田中 陽明
     19:00  トークセッション(申込制:定員50名)
          【第1部】創造(Think)と実験(Do)の間、いまどんな変化が起きているのか
           イントロダクション1(19:00-19:40):田村大×田川欣哉×齋藤敦子
           イントロダクション2(19:40-20:10):石黒猛×木下洋二郎×田中陽明
          【第2部】「WORKSHOP KITCHEN」とは
           ディスカッション(20:10-20:40):石黒×木下×田中×田村×田川×齋藤
     20:50  LIVE:Echostics / エコースティックス
     22:00  閉場

入場料 :無料
お申込み:件名を「5/22申込」として、下記メールアドレスまで
     【お名前、ご所属、メールアドレス、参加人数、トークセッション参加の是非】を
     ご連絡ください。後日こちらより、確認メールをお送りいたします。
     info@krei-project.com (担当:山崎)


【フードケータリング】
モコメシ(小沢朋子)|フードデザイナー
「食べるシチュエーションをデザインする」をコンセプトにしているモコメシさんに、食べる行為やシチュエーションが楽しめるディスプレイを施していただきます。
>>モコメシ | FOOD DESIGN

【ライブ】
Echostics / エコースティックス
2007年、雑誌ecocolo主催のアースデイイベントで結成。co-lab千駄ヶ谷に籍を置くサムワンズガーデンの西村がメンバー。即興とメロディの間「オト」の散文詩を追求、毎年渋谷区主催で開催される子供イベント「創造公園渋谷」では音育空間にも取り組む。大竹重寿(cro-magnon)、三宅洋平(犬式)、ヒシャム・バルーチャ、Suger Plum Ferry(台)、Casino Royale(伊)、トーストガールなど国内外で活躍するアーティストと共演。NIKE、ecocolo、東京ワンダーサイト、No Man’s Land(旧フランス大使館)、その他多くのイベントに参加。

【トークセッション:テーマ】
創造(Think)と実験(Do)を重ねてきたKREIで、これまでどんなアウトプットが行われてきたのか、そして今後はどのように変革を遂げていくべきか、KREIで活動を共にした方や関係の深い方をゲストとしてお招きし、新たなコンセプト“WORKSHOP HOUSE”に向けてトークセッションを開催します。

【トークセッション:出演者プロフィール】
田村 大 TAMURA Hiroshi
株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.school共同創設者エグゼクティブ・フェロー
2005年、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。博報堂イノベーションラボにて市川文子とともにグローバル・デザインリサーチのプロジェクト等を開拓・推進した後、独立。人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネス・エスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、現在は、福岡を世界に冠たるイノベーション都市に育て上げる取り組み「イノベーションスタジオ福岡」のディレクターとして、研究と実務の往復に力を注ぐ。共著に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)など。京都大学、九州大学、お茶の水女子大学、神戸情報大学院などで非常勤講師。International Journal on Multi-disciplinary Approaches to Innovation編集委員等。内閣府、経済産業省、科学技術振興機構等でイノベーション推進・人材育成に関する研究会委員を歴任。

田川 欣哉 TAGAWA Kinya
takram design engineering代表。クリエイティブディレクター/デザインエンジニア
ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、幅広い分野に精通するデザインエンジニア。主なプロジェクトに、トヨタ自動車「NS4」、無印良品「MUJI NOTEBOOK」のユーザーインタフェースの設計とデザインなどがある。グッドデザインアワード、コクヨデザインアワード、 ダイソンデザインアワード、英国D&AD Awardsなどの審査員を歴任。未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。日本語入力機器「tagtype」はニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されている。東京大学機械情報工学科卒業。英国Royal College of Art, Industrial Design Engineering修了。LEADING EDGE DESIGNを経て現職。2014年より英国Royal College of Art, Innovation Design Engineering客員教授。

石黒 猛 ISHIGURO Takeshi
石黒猛事務所主宰。プロダクトデザイナー
1969年山梨県生まれ、育英工業高等専門学校卒業後、1995年にロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科修了。1996年に米IDEO社入社サンフランシスコ事務所に勤務し広くプロダクトデザイン、戦略にたずさわる。1998年「Rice Salt&Pepper shaker」、2007年に加湿器「chimney」がニューヨーク近代美術館永久保存に決まる。1999年同社東京に転勤し01年退社。2002年から個人で活動を開始、2009年にJAXAと共同開発した国際宇宙ステーション用の折りたたみ式撮影用背景は只今地球を飛び出して宇宙ステーション「きぼう」にて運用中。2014年、コクヨファニチャー株式会社とのコラボレーションプロジェクトとしてアクティブラーニング用チェアー
「Campus UP」を発表。プロダクト、アート、舞台演出など多岐に活動中。


木下 洋二郎 KINOSHITA Yojiro
コクヨファニチャー株式会社ものづくり革新センターセンター長
1967年生まれ。1990年京都市立芸術大学プロダクトデザイン専攻卒業後、コクヨ株式会社入社。以来、オフィスチェアの開発、デザインを中心に担当後、オフィス家具全般のデザインへ展開。2014年より現職。ものづくり全般のプロセス革新にも携わる。ドイツのiF Design Award金賞、ドイツユニバーサルデザイン賞、グッドデザイン賞など受賞多数。

齋藤 敦子 SAITO Atsuko
コクヨファニチャー株式会社 WORKSIGHT LAB. 上席研究員
多摩美術大学立体デザイン科を卒業後、コクヨ株式会社設計部でオフィスデザインやコンサルティングに従事。その後、研究開発と事業企画を行なうRDIセンターに異動し、次世代ワークスタイルの研究および働く環境についてコンセプト開発を行ってきた。2012年に未来の働き方と学び方を研究するWORKSIGHT LAB.が設立され現在に至る。デザインやコンセプトで関わったプロジェクトは、Link&Motivation本社オフィス、Catalyst BA、Creative Lounge MOV等。主にコミュニティやクリエイティビティをテーマとした場づくりを専門とし、一部運営企画にも携わっている。

田中 陽明 TANAKA Harumaki
春蒔プロジェクト株式会社/co-lab代表
1970年 福井市生まれ。武蔵野美術大学建築学科を卒業後、大手ゼネコン設計部を経て、慶応義塾大学大学院 SFC 政策メディア研究科 (メディアアート専攻) 修了。大学院時代にメディアアートユニットflowを設立。2003年よりクリエイター専用のシェアード・コラボレーション・スタジオ co-lab (コーラボ) をスタート。2005年 春蒔プロジェクト株式会社を設立。クリエイティブ・ファシリテーターという立場で、制作環境を整える基盤整備から、co-labという集合体のポテンシャルを生かした企画、アウトプット監修まで行う。

■グラフィックデザイン:日置好文(co-lab西麻布メンバー)

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]