開催情報|The Art of Listening LIVE! #2「Special Live & Talk SIGBJøRN APELAND」

EVENT / 2015.07.09 posted

音楽の新しい潮流を探り、新しい「音の楽しみ方」を提案するイヴェントシリーズ「Art of Listening LIVE!」。第2弾となるスペシャルライヴ&トークに登場するのは、ノルウェーの鬼才鍵盤奏者シグビョルン・アーペラン。足踏みオルガンを変幻自在に使った未知のサウンドスケープとトークを披露します!

150724_img_w620

WIRED』日本盤の監修のもと昨年リリースしたコンピレーションアルバム『The Art of Listening』。そこで紹介されている「音楽の新しいイノヴェイション」をリアルに体感する、イヴェントシリーズが「The Art of Listening LIVE!」です。
7月3日には、その第1弾として、タイヨンダイ・ブラクストンを招いてのレクチャーを開催。モジュラーシンセサイザーの独特の使い方、作曲作法、音楽観などを約30人のお客さんを前に、実演を交えて披露してくれました。→ギャラリー参照

続く第2弾は、先進的な音楽家たちがひしめくノルウェー音楽シーンにおいて、ひときわ異彩を放つ鍵盤楽器奏者、シグビョルン・アーペラン。
当日は、約1時間の即興ライヴとともに、音楽ジャーナリストの柳楽光隆氏を迎えてのトークも開催。その音楽技法を、自身の言葉で語ってもらうほか、世界でも珍しいプロのオルガン奏者に話を聞くことで、19世紀初頭からいまに引き継がれる発明楽器としての構造的な奥深さをひも解きます。アナログとデジタルの感性が融合した未知なる「響き」。北欧発の「音のイノヴェイション」に身を浸す貴重な一夜となること間違いなしです!
>>イヴェント詳細はこちら
>>お申し込みはこちら

***
The Art of Listening LIVE! #2
Special Live & Talk SIGBJøRN APELAND

主催:WIREDKREI
演奏・トーク:シグビョルン・アーペラン
トーク:柳楽光隆@Jazz the New Chapter, 若林恵(『WIRED』日本版編集長)
日程:2015年7月24日(金) 20:00〜22:00(開場19:30)
会場:KREI SALON(東京都港区西麻布2-24-2 KREIビルB1F)
定員:40名(応募先着順)
参加費:4000円(税込)
>>イヴェント詳細はこちら
>>お申し込みはこちら
***

Sigbjørn Apeland|シグビョルン・アーペラン
1966年生まれ。ノルウェー、ベルゲン在住。世界でも数少ないリードオルガン演奏家。ローガラン音楽学校(現スタヴァンゲル大学)でオルガンを学んだ後、ベルゲン大学で民族音楽学博士号を取得。現在は同大学の准教授としてノルウェー民族音楽を研究する傍ら、教会音楽、民族音楽、電子音楽など、さまざまな領域の音楽家とコラボレーションを展開している。ECMやHUBROなどの先鋭的なコンテンポラリー・ジャズレーベルを中心に、これまで参加した音源は40作品を越え、うち2作はノルウェーのグラミーも受賞。さらに、サイレント映画の伴奏や25台のハルモニウムを用いたインスタレーションなど、メディアを越えた活動を続けている。
過去の来日では、ソロパフォーマンスのほか、ルネ・グラモフォンの看板アーティストであるAlogやPhonophaniとのコラボレーション、ハルダンゲンフィドル奏者のニルス・ウクランとパーカッション奏者のウイヴィン・スカルボとのトリオ1982として公演を果たしている。今回は貴重なリードオルガンのソロ演奏を予定。

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]