開催情報|2/27 The Art of Listening LIVE! #4 Special Talk 鈴木惣一朗が語る「録音術」

EVENT / 2016.02.17 posted

160227_img_w620

WIREDとの共催で不定期に発信している音楽レクチャーシリーズ「Art of Listening LIVE!」第4弾を開催いたします。
ゲストに音楽家・鈴木惣一朗氏を招き、昨年末に刊行した著書『細野晴臣 録音術』の真意、取材で得た発見、裏話などを、音源を交えながら訊く、貴重なトークイヴェントです。

ワールドスタンダードの活動で知られる音楽家・鈴木惣一朗氏は、昨年12月に刊行した著書『細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた』を通して、クリエイターとエンジニアの、知られざる、ぬきさしならぬ関係を丁寧に解き明かしていきます。自身が師と慕う細野晴臣のソロアルバムをモチーフに、それぞれに関わった7人のエンジニアの生の声を、鈴木氏によるインタビューを通して記録した本書は、音楽とテクノロジーが、クリエイターとエンジニアが、いかに交錯し、いかにお互いを刺激しあいながら、音楽を高めていったかを綴った貴重な「音楽史」となっています。
『WIRED』日本版が昨年より開催してきた音楽レクチャーシリーズ「Art of Listining LIVE!」の4回目は、その鈴木氏を招き、本書を書くにいたった経緯や、取材のなかで得た知見などを、実際の音源を聴きながら披露していただく予定。

エンジニアリングとクリエイション。その幸福な往還を、細野サウンドのなかに聴く、貴重なトークセッション。「未来の音楽」をつくる音楽家、エンジニアはもとより必聴! 音楽ファンは、エンジニアリングという視点から、音楽の新しい楽しみ方を、この機会にぜひみつけていただきたく思います。

>>イヴェント詳細はこちら
>>お申し込みはこちら

The Art of Listening LIVE! #4
Special Talk 鈴木惣一朗が語る「録音術」

主催:WIRED+KREI
トーク:鈴木惣一朗(World Standard)
モデレーター:若林恵(『WIRED』日本版編集長)
日程:2016年2月27日(土) 16:00〜18:00(開場15:30)
会場:KREI SALON(東京都港区西麻布2-24-2 KREIビルB1F)
 ※ 最寄り駅の東京メトロ[表参道駅]、[乃木坂駅]、[広尾駅]より、それぞれ徒歩約10分
定員:40名(応募先着順)
参加費:3,000円(税込)

鈴木惣一朗|SOICHIRO SUZUKI
1959年、浜松生まれ。音楽家。83年にインストゥルメンタル主体のポップグループ「ワールドスタンダード」を結成。細野晴臣プロデュースでノン・スタンダード・レーベルよりデビュー。「ディスカヴァー・アメリカ3部作」は、デヴィッド・バーンやヴァン・ダイク・パークスからも絶賛される。近年では、南壽あさ子、ハナレグミ、ビューティフル・ハミングバード、中納良恵、湯川潮音、羊毛とおはななど、多くのアーティストをプロデュース。2013年、直枝政広(カーネーション)とSoggy Cheeriosを結成。執筆活動や書籍も多数。95年刊行の『モンド・ミュージック』は、ラウンジ・ブームの火付け役となった。細野晴臣との共著に『分福茶釜』『とまっていた時計がまたうごきはじめた』〈ともに平凡社〉などがある。

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]