Wooden Cushion

/ 2013.09.25 posted

木製座布団 [Curator]
伊藤聡一

[協力]
企画・デザイン
 串田賢一(山梨県工業技術センター
木工 眞方昇(有限会社 都留木工)

素材のさまざまな機能を知り、
いままでにない商品を発想する。

一つの素材がもつさまざまな特徴を根本的に見つめ直すことで、イノベーションがもたらされることがあります。各分野で行われる、素材を新たな視点からとらえ直して製品に応用する試みを紹介します。

通常、オフィスチェアの製作は、木工製品としての構造体とクッション材は分けてつくられます。しかし、木材の弾力性を活かせば木製クッションをつくることができ、構造体とクッションを一つにできるのではないか。地元の職人が山梨県産の木材を使って、そんなイノベーティブな発想をもとに製品化したのが「Wooden Cushion」です。座る重みで座面がやわらかく変形し、人が座っていないときは元の形状に戻る性質をもっています。

《公開日:2013年9月25日》

◀Material Garden – 作品リスト|9/25公開へ戻る